top of page

リノベーション

​ライフスタイルが変わったら

ガラリと雰囲気を変えて気分一新しませんか

こちらの写真は床材を張替えた事例です。同じお部屋でも雰囲気が変わりました。

BEFOREの床材は複合フローリング材。「夏場、足の裏にベタッと張り付き、冬はとても冷たくて」という理由で、無垢の床材に張替えされました。AFTERでは、床材の変更に合わせて、キッチン回りもカジュアルな雰囲気に変更しています。

before-1.JPG

BEFORE

after-1.JPG

AFTER

大規模改修は実力のある工務店に任せるのが安心です

中古住宅を購入されたり、古いご実家を改修するなど、昨今では大規模なリノベーションを行う方も増えました。
リノベーションでは小さい部屋の間仕切りを取り、広く開放的なLDKを作ったり、水回りの位置を変更して今の暮らしに合う間取りに変更したり出来ます。

一方で、リノベーションには落とし穴があることも忘れてはなりません。
例えば、古い家の場合図面がないことも多く、図面がある場合でも内部の梁や断熱材の状況は実際に解体工事を始めるまで分からないこともあるのです。

さらに、古い家の場合、柱・梁の追加など耐震補強が必要になることが多く、断熱材も新しいものに交換する必要があったり、見えないところに意外な費用がかかるものです。ですから、リノベーションを依頼する際は、信頼と経験ある工務店を選ぶことが大切なのです。

リノベーションをU-kenにご相談いただいた場合、図面がある場合は図面を拝見し、現地確認も行います。

その上で、築年数や全体の仕様を勘案してリノベーションのご提案を考えます。実際には工事が始まって内部の構造を見るまで分からない点もありますので、十分な可能性を考慮しつつ、仕様の変更や追加工事が発生する可能性があればしっかりお伝えします。

​「当初聞いていなかった追加工事をされた」ということがないよう、状況のご説明を丁寧に行い、ご納得の上で工事を進めて参りますのでご安心ください。

 

%E5%AE%B6%EF%BC%94_edited.png
bottom of page